読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小西が京(きょう)

汗疱(かんぽう)とは主に掌や足の裏、又は指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱がみられる皮膚病で、基本的にはあせもと呼ばれており、足の裏に出ると足水虫と勘違いされることが多くあります。
「肝臓の機能の低下」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値で確認できますが、ここ数年間で肝臓の機能が落ちている方々が増加していると言われています。
急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹痛・悪心・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌性の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高熱も出るのが特徴なのです。
体を維持するのに必要なエネルギーの源として瞬時に働く糖質、人の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、度の過ぎた痩身ではこれらのような様々な活動を維持するために絶対欠かせない栄養素までもを乏しい状態にする。
体脂肪の量(somatic fat volume)にはさして変化がなく、体重が飲み食いや排尿等により短時間で増減するような場合、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が高くなることがわかっています。
20代、30代で更年期が来たとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(early menopause)」という女性疾患に当てはまります(この国では40歳以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(そうはつへいけい)」と言っています)。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を含んだ精液や血液の他、女性の母乳や腟分泌液などのあらゆる体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜等に接触する事で、HIV感染の危険性が高くなってきます。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今日までの研究の成果から、ワクチンの予防接種効果が見込めるのは、接種日の約14日後から約150日程と言われています。
世間では水虫といえば足を想像し、中でも足の裏に発症する病気だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけに留まらず、全身どこにでもかかってしまう恐れがあります。
基礎代謝量は就寝中ではない覚醒状態で命を維持していく(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張のキープ等)のに欠かせない最低限のエネルギー消費量のことを指すのです。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、UV-A波の度を越した浴び過ぎは皮ふの病気を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若人がファッション感覚で日焼けサロンを利用することの禁止を広く世界各国に勧めています。
クシャミ、鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・異物が入っているような感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因である花粉の飛散する量に追従して深刻になってしまうというデータがあるとわかっています。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、数日薬を飲めば、一般的に90%近くの患者さんの自覚症状は治まりますが、イコール食道粘膜の炎症反応自体が完治したとは言い切れないので留意してください。
国民病ともいわれる花粉症とは、森林のスギや檜、ブタクサなどの大量の花粉が誘因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を引き起こす病気として知られています。
浮気調査 無料相談 品川区
耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分かれていますが、この中耳に黴菌やウィルスが感染することで炎症が誘発されたり、液体が滞留する症状を中耳炎と呼びます。